呉少年合唱団YouTube動画のご紹介

雨晴らしの岩[1984]

YouTube - 雨晴らしの岩[1984]

・雨晴らしの岩
 1984年(昭和59年)の合唱で、高学年5・6年生が歌っています。
 宮沢章二氏・作詩、岩河三郎・作曲の合作である。曲は少年少女のための組曲「海の風景」のひとつである。「海の風景」は、「春のしん気楼」・「ホタルイカの海」・「雨晴らしの岩」・「寒ブリのうた」の4曲で構成されている。
 1980年11月16日に埼玉県新座市の「新座少年少女合唱団」が「第6回 定期演奏会(新座市民会館)」にて、この組曲は初演奏されている。
 みちのくに逃げていく義経と弁慶が、岩屋で雨が晴れるまで待ったと言い伝えられている場所「義経岩」。この地の地名の由来にもなっている「あまはらしの岩」である。合唱曲では「あまばらし」となっている。

尚、意味が分かればもっとこの曲を楽しめるということで、

音符マーク「義経さん 弁慶さん」

よしつね 【義経】
⇒源義経(みなもとのよしつね)
[1159~1189]平安末期・鎌倉初期の武将。義朝の九男。母は常盤(ときわ)御前。幼名、牛若丸。平治の乱後、鞍馬寺に入り、さらに奥州の藤原秀衡のもとに身を寄せた。兄頼朝の挙兵に応じて義仲を討ち、次いで平氏を一ノ谷・屋島・壇ノ浦に破って全滅させた。のち、頼朝と不和になり、反逆を企てたが、失敗して奥州に逃れた。秀衡の死後、その子泰衡に襲われ、衣川の館(たて)で自殺。悲劇の英雄として伝説化される。九郎判官。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用
べんけい 【弁慶/辨慶】
[?~1189]鎌倉初期の僧。幼名、鬼若。号、武蔵坊(むさしぼう)。義経記・吾妻鏡・平家物語などによれば、熊野の別当の子で、兄頼朝と不和になり奥州に落ちる源義経に従い、安宅(あたか)の関での難を救い、衣川の戦で全身に矢を受けて立ちながら息絶えたと伝えられる。能・歌舞伎・浄瑠璃などに英雄豪傑として描かれる。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

音符マーク「なぎさに むかしの声がわく」

なぎさ 【×渚/×汀】
海・湖などの、波打ち際。みぎわ。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

音符マーク「落ちてゆく みちのくは」

むつ 【陸奥】
旧国名の一。現在の青森・岩手・宮城・福島の各県と秋田県の一部にあたる。明治元年(1868)陸奥・陸中・陸前・岩代・磐城(いわき)の5国に分割後の陸奥は、現在の青森県と岩手県の一部にあたる。
⇒みちのく
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

音符マーク「目の前に立つ 立山を」

たて‐やま 【立山】
富山県東部にある山。数峰からなり、大汝山(おおなんじやま)は標高3015メートル、雄山(おやま)は2992メートル。立山黒部アルペンルートが通じる。古来、山岳信仰が盛ん。古称、たちやま。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

音符マーク「海は 有磯海」

ありそうみ 【有磯海】
富山県高岡市伏木から氷見(ひみ)市までの海岸の古称。また、富山湾のこと。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

音符マーク「潮騒を聞くよ」

しお‐さい 〔しほさゐ〕 【潮▽騒】
《「しおざい」とも》潮の満ちてくるときに、波の騒ぎ立つ音。
『デジタル大辞泉』(小学館)より引用

では お楽しみください



更新日 2011年5月8日
  2011/05/08   kureboys

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください

出演予定

4.29
呉みなと祭

7.28
シビックモール潤いコンサート

8.20
第39回 広島県少年少女合唱連盟定期演奏会

8.27
呉混声合唱団定期演奏会

11.23
第56回 呉少年合唱団定期演奏会

2018.1.20
第53回 呉市PTAコーラス発表会

2.3
第6回 呉こどもカンタービレ

2.17
つばき会館まつり

3.24-25
第37回 全日本少年少女合唱祭 全国大会「泉佐野大会」

団員募集中

幼稚園・保育園の年長さん、小学1年生から5年生までの男子児童を随時募集中です

※H28年4月より、幼稚園、保育園の年長さんが入団できるようになりました

→団員募集のページ

告知

ありがとう 中央公民館
[ 本日:0018 ]
[ 昨日:0108 ]